ちんこを大きくする方法4選!効果的に増大するならコレ!

男性はちょくちょく、自身の男性器の大きさを気にしてしまうものです。ですが、そのような人に良いニュースがあります。

とは言え研究によれば、男性器の大きさを懸念事項する人の多くは、実のところはまったく当たり前で平均的な大きさであるという結果もあります。でもこれは研究ではないですねおおかたの人にとって男性器の大きさは問題ではないという事です。

とはいえ、なかには男性器を大きくする事に関心がある人もいるかもしれませんし、実のところそのメソッドもあります。とはいっても、こういったメソッドには苦痛が伴ったり、高くつくものが多々ある。

しかも、部分のメソッドについては、成果があるというサポートもないのですがここではそんなシンボルを大きくする方法を伝授したいと思います。

ちんこを大きくする4つの方法

ちんこを大きくする方法は4つあります。

①増大手術を受ける

男性器を支えている靭帯を外科手術で切る事で、ペニスを引き出し、長い間するという手段です。言うまでもなく、この手術にも組織の損傷や勃起時の苦しみの生じて、感染症、感覚やパフォーマンスの喪失などの大きな危険性が伴います。

患者本人の脂肪部を吸い取って、注射器で陰茎体ところに注入するというものになります。このメソッドでは長さを2.5cm弱、外周を2.5cm強ほど大きく可能な確率があると言います。

とはいっても、この手術の成果は永遠に続くわけではなく、時が経てばペニスの大きさはもとに戻ってしまうそうです。しかも、他の手術と同じように男性器以外への危険性もあります。

例を挙げると、ある事例では30歳の患者がこの手術で注入した脂肪がどこかにきっかけで肺に達し、息ができなくなって死亡した事もあったそうです。患者本人の血液から抽出した多血小板血漿を、男性器に注入するというわりと新しいテクニックもあります。

これによってペニスの血流を刺激し、大きく見えるようになるそうです。今現在のところ、この手術の長期的な成果については、十分な研究結果が集まっていません。

②増大器具を使う

男性器への器具の影響については、局所のエキスパートがその確率を認めており、2015年の小規模な研究ではによって、ペニスの長さが1.3cmほど伸びたという結果も出ていました。

ですが、フロリダ州の泌尿器科医であるジャミン・ブラウムバットドクターは、こうした器具について装着の不快さや瘢痕化の危険性などに見合う値打ちはないとしています。ハッキリ言って、1日に何時も増大器具を着け続けるのは無理でしょう。

どんだけ影響があると言っても、ペニス増大のために暮らしを犠牲にするのは本末転倒ですよね。寝ている間に装着しちゃダメなの?」これもあまりイチ押しできません。というのも、自らではコントロールできない牽引力でペニスが引っ張られ続けるため、寝ている間に大怪我する危険性があるから。

ペニスの増大は器具・アイテムでは困難で、危険性が高い事がお分り頂けたかと考えます。しかも手術であればペニスを大きくする事はできるですが、医学的に正しいペニス増大手術は前章でお話しした技術しかございません。

世の中にはペニス増大器具・商品だけでなく手術に至っても危険性の高い長茎・増大手術が横行しています。その多くが医者ではなく正体不明の会社が経営する悪徳クリニックの手術です。

③チントレを行う

ハングリー精神が高い男性の間でトピックになっており、ペニスの増大以外にも色々な影響が得る事ができます。けれどもそのようなチントレですが、間違った手段でトレーニングを行っていると中々影響を体感する事はできません。

自身の考え通りの成果を体感するには、正しい知識と正しいメソッドが必須となります。テストステロンを手っ取り早くにパフォーマンスよく増やしたいなら精力剤サプリがイチ押しです。

理由を言えば、テストステロンを増やす成果を持っている成分はいつもの食事から摂取するのが容易にはいかないからです。テストステロンを増やす目的でチントレをしようとしている方や、わずかでも精力剤に関心がある方は一度試してみて下さい。

ジェルキングは、ペニスにジェルやローションを付けて行うチントレメソッドです。ペニスの増大に影響的で、大きさ膨れ上がるを目指している方にベストチョイス可能なトレーニング法になります。そして、ジェルやローションが提供できない方は、唾でも代用可能なので一概に支度の不可欠があるわけではないのです。

PC筋を鍛えると、勃起力の向上に望みが可能なのでEDで悩んでいる方にもイチ押しです。EDの治療は病院に通院すると多額のお金がかかってしまうので、初めにこういったトレーニングをして、治るか如何にか確かめてみるのも良いかもしれません。

スクイーズ法で射精のコントロールが可能なようになれば、いつものセックスがより楽しくなります。理由を言えば、射精の時を自由にコントロール可能なようになるので、パートナーに当てはめたセックスが可能なようになるからです。

セックスをよりエンジョイたい人にもスクイーズ法はイチ押しです。チントレをしても、相当影響を体感できない人は、増大サプリを飲む事をイチ押しします。

増大サプリは人間の内側からペニスの増大にアプローチする事が可能なので、チントレとマッチして飲めば相乗成果でまた体感力が上がるのです。

④増大サプリを飲む

大きくなった風船がしぼむと、膨らむ前より大きくなりますよね。あれと同じで、ペニスは勃起を繰り返すと、徐々に大きさを増します。

ですので、ペニスを増大させたいのであれば、血流が集まりやすくなる身体を作ることが大事です。バイアグラが頭に浮かんだ方もいるかもしれませんが、バイアグラは、短期的に血液をペニスに集めるようにする薬です。そのため、一時的な効果しかありません。

そこでおすすめなのが、増大サプリです。増大に必要な栄養素を摂取することで、ペニスが増大しやすい身体を作っていくのです。

そこでおさえておきたい栄養素が、以下の2つです。

  • シトルリン
  • アルギニン

シトルリン

シトルリンは、スイカの種に内蔵されるアミノ酸の一種。摂取する事で血管が膨張し、血液の流れが良くなります。ペニスにも血液集まりやすくなり、中長期でペニス増大影響が見込めるのです。

シトルリンは、ウリ科の野菜に含まれています。スイカやキュウリが代表的です。これらの食物からも摂取できますが、推奨摂取量を摂取するためには、スイカを大量に食べなければいけません。

そのため、増大サプリで賢く摂取しましょう。

アルギニン

アルギニンは、うなぎやニンニクに内蔵されるアミノ酸の一種です。疲労回復や免疫力を向上させる成果があります。加えて、シトルリン同様に血流を改善させる効果もあります。

更に、アルギニンにテストステロン(男性ホルモン)を促す効果もあります。テストステロンは、ストレスや加齢の影響で分泌量が低下していくため、外部からの摂取が欠かせません。

テストステロンが減少すると、精子の質の低下、精力の減退に繋がります。放置していると、男性の更年期障害に突入する可能性もあります。増大以外の観点から見ても、分泌を促すことが非常に重要だと言えます。

食物からの摂取も可能ですが、献立を考えるのは大変ですよね。毎日摂取していくのであれば、増大サプリを飲む方法が現実的です。